O様邸
2023年11月完成
3人と一匹の家族のガレージハウス。
お子様が小学生になるまでにお家を建てたい想いが強くなった頃に、たまたまドヒハウスのお家に訪問。綺麗に整理整頓されたお家はもちろん、仕掛けのあるテーブルや、洗面スペースもこだわりが詰まっておりその造作力の高さに驚き。ワンコを迎え入れたい想いもあってモデルハウスを見学した事からドヒハウスでのお家づくりがスタート。

ー奥様こだわりの横並びキッチン

家事動線も考えて横並びキッチンを希望だった奥様。
お家づくり段階から横並びを決めていたそうでテーブルはドヒハウスにて造作。キッチンのグレージュカラーも奥様の希望。無垢床の色味とグレージュが部屋全体のイメージカラーとなり、統一感のある柔らかい雰囲気を作っている。

プッシュ式オープンドアを採用する事で取っ手のないつるっとした見た目は、面が揃い空間を広く見せてくれる。
IHとシンクをIランドキッチンとカップボードにそれぞれ分ける事で、無駄な動きがなく、料理をすることが出来るので時短にもつながる。


ーキッチンから見えるブックスタンド

テレビの裏側を階段にする事が当初から決まっていたが、収納にするのか、ただの階段下としてだけ使うのかを考えていたところ、隠し扉の存在を知る。普段はブックスタンドとしてその存在を隠し、パントリーを作らなかったO様邸のストックヤードとして使う事に。お友達が来られても、「ここが開くなんて思わなかった!」と言ってもらえる事が多いそう。

防災グッズを用意する事が当たり前になってきた今、その置き場所に困る方も多い。部屋の中心にありながら普段は隠れているという最高の収納場所を確保できるこの間取り。真似したくなる方も多いのではないだろうか。


ワンコを迎え入れる場所

なんと壁の一部にワンコのスペースを確保。初めの頃は小さくて柵をすり抜けてしまっていたが、今ではひょこっと顔を出す姿がとても可愛い。中には換気扇も確保し、匂い問題も先に対策。ゲージを買い足す方もいるが、最初から家に合ったテイストで壁に埋め込むという形は、限られたスペースの中でワンコの為の衣食住が叶う最高の造作だ。

ー小上がりには収納と専用スペースを


リビングに広く取られた小上がりスペース。奥には堀込みデスクがあって絵本を読んだり、近い未来ではここで宿題をするスペースとしても使える。ロールスクリーンで部屋を仕切る事もできるので、客間としての利用も可能。更にここには仕掛けが。小上がり部分はその高さを生かしたっぷりのおもちゃ収納。その横にはなんとルンバの基地も確保。いたるところに無駄がない場所になっている。

ーマットレスのみで完成する寝室

ベットを買わず、リビングに続きこちらでも小上がりを造作。マットレスを敷くだけで、ベットになる造りはフレームいらずで家具の出費も抑えられる。間接照明を壁に仕込むことで照明なども置く必要がなく、空間をめいっぱい使う事が出来ておすすめ。空気を循環させたい時には壁に立て掛けておけるし、掃除機もかけやすく、メンテナンスの楽さが最大の魅力だ。

ールーフバルコニーは家族のコミュニケーションスペース

ルーフバルコニーの目的は家族のコミュニケーションスペース!体を動かしたり、パターでカップインできる芝も用意。ワンコも走り回る事も出来て外に出なくても体を思いっきり動かす事が出来る。大人も子供もワンコも家族みんなで楽しめる場所。夏にはBBQやプールも楽しめる広々空間。使い方はこれからもまだまだ用途が広がりそうだ。

ー理想の家を一緒に造ってもらった

「人とかぶりたくない、世界に一つだけのあったかい温もりのある家にしたい!を叶えてもらった。スタッフの皆さんが一緒に私たちの家の事、住んでいくこれからの事を真剣に考え、寄り添ってくれるところが一番だった。」とお二人。打ち合わせに行くのがいつも楽しみで、帰りは決まって『うちの家が一番じゃない?大満足!!』と夫婦の「自画自賛タイム(笑)」楽しんだ事を教えて下さった奥様。
このお客様の「大満足」の一言を聞くたびに私たちはまた次のお客様にも、同じように満足してもらいたい!という気持ちになり、原動力となる。
これからも夢の詰まったこのドヒハウスのお家で、家族の新たな思い出を沢山作って頂きたい。

TOP
来場予約 資料請求 お問い合わせ アクセス